2007年03月22日

コタロー

cota.JPG

19日の夜コタローが旅立ちました
連絡は20日に来ました
(写真 : 左ピヨヨ、右コタロー)

家で産まれたコタローばあちゃん
たまちゃんのお家で可愛がれていました
最後の様子を聞くと胸が痛くなったけど
年齢を考えると長生きしたよね
大往生だったよね・・・・

昨日、ぴーちょん達にもコタローの事を
頼むねってお祈りして来たよ
今頃みんなで仲良くしていると思うから・・・
コタローはたまちゃんの所に行って
ピヨヨ達と一緒に暮らせて
あんなに大切にされて・・・
シアワセだったと心から思います

たまちゃん、元気出してね




ニックネーム のぶちゃ at 12:31| Comment(2) | TrackBack(0) | mamaのため息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちぴたんの小部屋でも書きましたが・・・
やはり辛くて、寂しいお話ですもうやだ〜(悲しい顔)
命あるもの全てに寿命がありますが
分かってはいても辛い気持ちを整理するには
ある程度の時間が必要ですよね。
かなり長生きされたという事で
お友達に大切にされていたのですね。
コタローちゃん、きっと天国で
楽しく遊んでいますねかわいい
今日のお昼にコタローちゃんのお話を
読み泣いてしまい顔(泣)
目が腫れてしまいました・・・
Posted by りかりん at 2007年03月23日 00:41


りかりんさんへ♪

コタローのために泣いてくれてありがとう
本来なら私達しか知らないコタローの存在を・・・
彼女が生きていた事を知ってもらえて嬉しいです

寿命って本当に辛い事です
必ず自分にも、ちぴ達にも訪れる事だとは
分かっていても別れはつらいものです
だからこそ一緒にいれる限られた時間を
大切に大切にしたいと思っています
そして、最後の時は側にいてあげたいと思っています

目が腫れるほど泣いてくれたなんて・・・
コタローも喜んでいると思います
ありがとう りかりんさん

今は友達と遠く離れた所に住んでいるわたしも
ただひたすらコタローの冥福を祈るばかりです


Posted by のぶちゃ at 2007年03月23日 09:38
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/780294
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック